top of page
  • 執筆者の写真FLATふらっと

Medicare: インスリン費用について5つの知っておくべきこと





1.)2023年1月1日時点で、Medicare医薬品プランでは、各Part-D 対象のインスリン製品の 1 か月分の資材に対して 35 ドルを超える請求はできません。また、インスリンに対して免責金額を支払う必要はありません。

処方薬のコストを下げるためにExtra Help(追加支援)を受けた場合でも、各Part-D 対象のインスリン製品 1 か月分に対し、 月35 ドル (またはそれ以下) を支払います。Part-D が対象とするインスリンを 3 か月分入手した場合、費用は 105 ドルを超えることはありません。つまり、1 か月分あたり 35 ドルとなります。

 

2.)ディスポーザブル型のインスリンパッチポンプを使用する場合は、Part-D プランで、インスリンを引き続き入手できますし、ポンプ用のインスリンの費用は、各インスリン製品の1 か月分あたりで 35 ドルを超えることはありません。

Part-D プランがディスポーザブル型のインスリンパッチポンプを対象とする場合、ポンプはインスリン用の資材となります。インスリン製品ではないため、ポンプには 35 ドルの上限が適用されず、35 ドルを超える場合があります。

 

3.)対象となるインスリン製品を使用しており、2023 年は別のPart-D プランにしたい場合は、例外的な状況として、特別登録期間 (SEP)の対象となることがあります。

SEP の対象となった場合は、現在から 2023 年 12 月 31 日までの間に、Part-D の支給範囲を 1 度のみ追加、削除、または変更できます。インスリンを投与している方でPart-D の支給範囲の追加、削除、または変更を希望する場合は、1-800-MEDICARE (1-800-633-4227) にお電話ください。Part-D の適用範囲を追加、削除、または変更します。TTY ユーザーは 1-877-486-2048 に電話下さい。年の途中でプランを変更した場合、True Out-of-Pocket (TrOOP) 費用は、古いプランから新しいプランへ引き継がれます。

 

4. )2023 年 7 月 1 日の時点で、Medicare Part- B の耐久医療機器給付金の対象のインスリンポンプを使用している場合、またはMedicareアドバンテージ プランを通してインスリンを入手している場合、1か月分の供給量のインスリン費用の上限は 35 ドルとなります。

Part-B の免責は適用されません。 Part-B とPart- B 共同保険を捻出するMedicare補足保険 (メディギャップ)がある場合、メディギャップ プランによってインスリン費用の 35 ドル (またはそれ以下)が支給されます。

 

5. )Medicareの支給範囲やインスリンの費用について詳しく知りたいときはいつでもサポートをご利用いただけます。

Medicare.gov/coverage/insulin にアクセスしてください。

Medicare.gov/about-us/inflation-reduction-act にアクセスしてください。

• 1-800-MEDICARE (1-800-633-4227) にお電話下さい。 TTY ユーザーは 1-877-486-2048 に電話ください。 

あなたには大きな活字や、点字、音声など、アクセスしやすい形式で、Medicareの情報を入手する権利があります。 また、差別的な対応を受けていると感じた場合には、苦情を申し立てる権利もあります。詳細については、Medicare.gov/about-us/accessibility-nondiscrimination Notice にアクセスするか、1-800-MEDICARE (1-800-633-4227) にお電話下さい。 TTY ユーザーは 1-877-486-2048 に電話できます。

 

この製品は米国の納税者の費用で製造されています。

翻訳:松川 深玲 

監修:清水佐紀

参考リンク 

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page